« 明けましたね\(≧▽≦)丿 | トップページ | 会いたかった »

2008年1月19日 (土)

3つのR

はじめに…

この世の中には、男と女しかいないことは分かっています。
なぜ男は、1人の女性しか愛してはいけないのか?なぜ、その人でなければいけないのか?自分に問い掛けてみると明確な答えは出てきません。
    ・
    ・
たとえば、「優しいから」「自分を愛してくれてるから」「価値観が同じだから」「自分のタイプ(男心をくすぐる)から」・・・。これらは、確かに答えになってます。けれども、それだけではないはずです。それだけの女なら、彼女じゃなくても、他にたくさんいるじゃないですか。
なのに、多くの女性の中から彼女に恋をしてしまうわけです。その、何か分からない部分、それこそが、恋というものなのです。
    ・
    ・
これからお話するのは、1人の男性がそんな恋の虜になったお話です。

その男は、「優しさ」と「柔軟性」を持っているすごくいい奴なのですが、裏心はとんでもない奴です。
「優しさ」と「柔軟性」が交わり、さらに「不断」を付けるとどうでしょう。「優柔不断」な人に早変わり!
    ・
    ・
    ・
・・・そんな男の物語がここにあります・・・

|

« 明けましたね\(≧▽≦)丿 | トップページ | 会いたかった »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410506/9956481

この記事へのトラックバック一覧です: 3つのR:

« 明けましたね\(≧▽≦)丿 | トップページ | 会いたかった »